沖縄ダイビングのインストラクターに恋をしてしまった私の選択

どんな仕事にだって誇りを持って行うべきですが、友人からいわせればそれもまた人生なのだそうです。

世の中の人がみんながみんな楽しみんだり、充実をしながら楽しんでいるわけではありません。

しかし、私は結構チャレンジするべきだと考えることもありますので、やる気を出しながら頑張るほかありません。

プロの講師として色々な人をサポートしてきたこともありましたが、そろそろマリンスポーツにアシストしなくてはなりません。

沖縄へと向かおうとしていることは誰にも止められないのですが、そこまで本気と考えられていないのかもしれませんね。

というのも、いつも突拍子もないことをやりだすこともあるのが私なので、どうしても実現させていきたいと思います。

実は数年前、沖縄ダイビングをした時にサポートしてくれたインストラクターの方がものすごく美人でした。

美人だから惹かれているというわけではありませんが、沖縄ダイビングをしたい気持ちも汲んでほしいと考えています。

独身でいることに寂しい気持ちも感じるようになってきたので、そろそろアタックするべきでしょう。

私って結構控えめなこともありますが、あの美人を好きになってしまったのも事実です。

好きになったら一直線に進むようなタイプなのが私なので、さっそくアタックのために沖縄ダイビングへと向かいたいと思っています。